昼食のレシピ

 

浜松教会では、毎日曜日の礼拝後に昼食会があります。

そのレシピのごく一部をご紹介します。すべて、分量は30人分、予算は3,000円以内、幼児もお年寄りも食べられるように工夫してあります。

★ひき肉とトマトソースのパスタ

・材料

 ペンネリガトーネ:2kg(1kg約500円)

 トマトホール缶:2.5kg(約500円)

 玉ねぎ:6個(一部セロリにしても美味しい)

 牛豚合びき肉:1kg(浜松では、約1000円)

 塩、ニンニク、オリーブオイル、赤ワイン、ローズマリー、バジリコ:適量

・作り方

1.礼拝前にすること

 玉ねぎを刻む。

 軽くつぶしたニンニクをオリーブオイルでじっくり素揚げし、そこで玉ねぎ(とセロリ)を透明になるまで炒める。

 ニンニクを取りだし、ひき肉を投入し、火が通ったらローズマリーと赤ワインで香りを付ける。

 ローズマリーを取りだす。

 トマトの芯を取って手で割いておいたホールをすべて投入して、10分ほど煮込む。

 好みで、バジリコを入れても美味しい。

 パスタ茹で用のお湯を並行して沸かしておく。

2.礼拝後にすること

 パスタ茹で用のお湯を再度沸かして、たっぷりの塩を入れ、ペンネを茹でる。

 (ショートパスタなら、大量に茹でてもムラが出来にくいですが、ロングパスタは危険です。)

 ソースを温め直しておく。

 適切に茹でたペンネを、しっかり湯切りしてソースに投入してまぜれば完成。

★うどん

・材料

 冷凍うどん:30食

 うどんスープ:約10袋(ヒガシマルのが美味しい)

 かまぼこ:3本

 卵:10個

 薄揚げ:10枚

 醤油、塩、わかめ、とろろ昆布、天かす:適量

 

・作り方

1.礼拝前にすること

 薄揚げは前日に甘く煮ておく。

 スープ用のお湯を沸かし、うどんスープ、醤油、塩で味を調える。

 うどん茹で用のお湯を沸かしておく。

  

2.礼拝後にすること

 うどんを一つずつ茹で、スープを入れて具を乗せたら、順次お祈りして食べ始めること。

★冷やし中華風そうめん

・材料

 素麺(乾麺):1.6kg

 トマト:5個

 キュウリ:3本

 ゆで卵:10個

 ハム:20枚 

 麺つゆ(2倍濃縮):500cc

 

・作り方

1.礼拝前にすること

 各材料を切っておく。

 素麺を茹でるお湯を沸かしておく。


2.礼拝後にすること

 素麺を茹でる。鍋はできるだけ大きいものを用意すること。

 茹であがったら、ざるでお湯をきって冷水で冷やし、皿に盛る。

 各材料を盛り付けて、2倍に薄めた麺つゆをかけたら完成です。

★ロコモコ丼

・材料

 

・作り方

1.礼拝前にすること

 

2.礼拝後にすること 

 

★中華飯

・材料

 

・作り方

1.礼拝前にすること

 

2.礼拝後にすること